大学進学率増加に伴う費用

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

大学進学でかかる費用について

大学進学でかかる費用について

子供が望み、社会情勢や子供の将来を考えると、大学への進学は応援したいものです。しかし、子供を大学へ進学させるとなると、それなりのお金が必要となってきます。家庭によっては、経済的に余裕がない場合も少なくないでしょう。かといって、子供に大学を諦めさせるのは、親として苦渋の選択となります。そこで、大学進学にかかる費用について考えてみました。費用の目安を知ることで、足りない分を派遣などで補うことも検討できます。

入学から卒業まででかかる費用

入学から卒業まででかかる費用

子供が大学に合格し、ホッとしたのも束の間、入学に向けての準備が始まります。入学金や授業料、教科書や教材など、大学に納めないといけないお金がたくさんあります。その上、子供が一人暮らしを始める場合は、家賃や光熱費、食費など、生活費が必要となります。入学から卒業まで、どのような費用が、どのくらい必要になってくるのか、金額の目安を事前に知っておくことで、お金の準備だけでなく、心の準備もしておきましょう。続きを見る

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

現在の大学進学率は50%以上と、2人に1人が大学へ進学している状態です。そんなことを聞くと、自分の子供も「大学へ進学させなくちゃ!」と思ってしまいますね。しかし、子供を大学へ進学させるにも、多額のお金が必要となってきます。「奨学金」や「教育ローン」などの選択肢もありますが、できれば子供に負担をかけたくないですね。そこで、あなたが専業主婦をしているなら、派遣のお仕事をして、学費を稼ぐ方法があります。続きを見る

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

もしあなたが私と同じように看護師資格を持っているなら、今より高い給料がもらえる病院へ転職するという選択肢があります。育児で休職中の方も復職するということで家計の収入を大幅にアップできますよね。さらに最近では、転職、復職が成功すると支援金がもらえるという看護師専門の転職サイトがあるようです。収入がアップしてさらに支援金ももらえるなんて!興味のある方はぜひチェックしてみて下さいね。続きを見る

奨学金の返済について

奨学金の返済について

子供の将来を考えるとき、「よい大学に進学して、よい企業に就職する」というのが、親の考える一般的なコースでしょう。そのためには、子供を大学へ進学させるということは、外せないことです。だからといって、経済的に余裕のある家庭ばかりとは言えません。そんなときに、利用を考えるのが「奨学金」と「教育ローン」でしょう。しかし、よく考えてください。「奨学金」も「教育ローン」も、返済の必要な「借金」なのです。続きを見る

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら