進学する子を持つ看護師へ

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

子を持つ看護師におすすめの記事

子を持つ看護師におすすめの記事

高校生の子供をもつ親にとって、子供の進学や将来の計画について、無関心ではいられません。現在、日本では大学進学率が50%を越え、2人に1人が大学に進学しているということです。「看護師」や「公務員」を目指す場合も、大学への進学がキーワードになっているようです。目まぐるしく変化する社会情勢に合わせて、いつまでも働ける仕事を求める女性たちの就職に対する考え方の変化なども見られます。多くの情報を知ることで、子供の将来について考えてみましょう。

大学進学率を知ろう

大学進学率を知ろう

実は、現在の日本の大学進学率は、50.8%!!これは、2人に1人が大学に進学しているということになります。こういった情報を聞いてしまうと、自分の子供も大学に進学させなくてはいけないのだろうかと不安になります。そこで、日本の大学進学率を調べてみました。現在の日本の情勢を知ることによって、大学へ進学したほうがいいのか、それとも大学以外の選択をしたほうがいいのかを考える資料としてもらえればと思います。続きを見る

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

子供を大学へ進学させようと思うと、とんでもない費用が掛かることが分かっています。「奨学金」や「教育ローン」などの選択肢もありますが、これは返済義務のある「借金」です。後々返済ができなくなることもあるようですので、できれば子供に負担をかけたくないですよね。そこで、あなたが看護師ならば、子供の学費を稼ぐために、より高給な職場への転職を考えてみませんか?どんな求人があるのか、看護師求人サイトに登録して、自身の目で確かめてみてください。続きを見る

大卒女性の育児とキャリア形成の葛藤

大卒女性の育児とキャリア形成の葛藤

ここ数年、大卒女性の就職に変化が見られます。以前であれば、大卒女性の選ぶ専門職種と言えば、医師や薬剤師、弁護士、教師などが定番でした。しかし最近では、それ以外の職種である、「看護師」や「公務員」「自衛隊」などを選ぶ大卒女性が増加しているのです。この理由として、女性が一般企業では生涯働き続けられないという状況があげられます。そのため、離職後も再就職しやすいように手に職をつけたり、福利厚生の充実した公務員に、大卒女性が増えているのです。続きを見る

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら