大学進学の現状を調査

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

現代の大学進学について

現代の大学進学について

日本の大学進学率は、なんと50%以上!!これは、2人に1人が大学に進学しているということです。一方で、子供が幼稚園から大学までにかかる費用として、安く見積もっても1000万円前後もかかるということが分かっています。雇用不安が問題となっている現代において、将来を考えるときに、大学進学は本当に必要なのでしょうか?大学進学が当たり前となってきている現代において、その必要性を考えてみたいと思います。

大学進学率を知ろう

大学進学率を知ろう

日本では、教育費の無償化問題や、大学の経営問題、さらには少子化の影響など、高等教育の在り方について、さまざまな面での状況の変化が起きています。今までの考え方である、「良い大学を出て、よい企業に就職する」だけでは、将来的に不安である、と考えるようになっているといえます。そこで、大学進学率を調べてみました。大学進学率の推移をみることによって、日本の進学や就職についての考え方の変化が分かりますね。続きを見る

奨学金で大学に通う際の注意点

奨学金で大学に通う際の注意点

子供を大学に進学させたいと考えたとしても、経済的に余裕のない場合もあるでしょう。そんなときに、ふと思いつくのが「奨学金制度」の存在です。実際に奨学金制度で、大学に進学している人は少なくありません。しかし、この「奨学金制度」について、正しく理解している人は多くないようです。このため、利息付きの奨学金を、安易な考えで利用してしまう人もいるようです。子供の将来を考えるならば、奨学金で大学へ進学する際の注意点を知っておきましょう。続きを見る

学資保険の検討を

学資保険の検討を

子供が幼稚園から大学まで行くのに、安く見積もっても1000万円前後もかかることが分かりました。これは国公立に通った場合の総額となり、この中には、学習塾やスポーツ教室、図書費、大学に通う場合の準備金や家賃、生活費などが含まれています。覚悟をしているつもりでも、こうして金額を示されると、自分たち親が子供にどこまでしてあげられるか、ちょっと不安になってしまいますよね。そこで、自分たちの生活スタイルを見直して、家計に合った貯蓄や保険の加入を考えてみましょう。続きを見る

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら