女性は人材派遣登録でも家計を助けることができる

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学するとなると、それなりの費用がかかります。奨学金や教育ローンの利用で当座はまかなえても、奨学金はその子供が将来返済する借金ですし、教育ローンは親が返済していく借入金です。そういった借入金を減らすために、あるいは借入金返済のために専業主婦でも仕事に就いて、収入を得ることができれば、なにかと心強いものです。専業主婦が仕事をするための一つの方法として、おすすめの人材派遣会社についてご説明します。

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

人材派遣のシステムとは?

人材派遣とは、「必要なときに」「必要な専門スタッフを」「必要とされる期間」派遣し、その派遣先での業務をサポートするシステムとなります。派遣でのお仕事は、雇い主である会社(派遣元)と、実際に働く場所となる会社(派遣先)が、異なるところが特徴で、アルバイトやパート、また契約社員とは全く異なった就労形態です。派遣元と派遣先(企業)との間では、「スタッフを派遣し、派遣先での労働に従事させる」という労働者派遣契約を結びます。
派遣就労中は、スタッフと派遣元との間に「雇用関係」が生じ、給与支払・福利厚生等は、雇用主である派遣元が行い、派遣就労における入退社の管理も派遣元が行うことになります。スタッフは、日常の業務について派遣先の指示、勤務時間・時間外勤務等についても、派遣先(企業)の管理を受けることになります。

派遣会社「KDP」のサポート体制

「KDP」ではプロの専門スタッフが登録者に代わり、登録者の希望のお仕事を探してくれます。登録者の特徴、特技を分析、解析し、その能力を最大限に活かせる仕事は何なのか、また、その仕事が本人の希望に合うのかなどもしっかり考えてくれるおすすめの人材派遣会社です。そんな専任のスタッフがいるなんてとってもこころ強いですよね!
さらに、その仕事の契約期間が終了しても、次の仕事探しのサポートもしてくれるのです!自己都合での退職でもOKです。とことん登録者をバックアップしてくれる、そんな良い派遣会社はなかなかないですよ!

大阪の派遣求人を確認
大阪に特化した人材派遣会社ならKDP!新しい道への手助けをしてくれます!

働くお母さんの味方

このKDPで派遣として働いている方に話を聞くと、働くお母さんも安心して働けているようです。例えば、休日をきちんと取れるようにする、残業がある場合は必ず残業代を付ける、福利厚生をつけるように派遣先に交渉してくれることなどが挙げられます。もう7年もKDPで働いている人もいるようですよ!子供がいるお母さんにもおすすめの派遣会社と言えますね!

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら