収入増加を目指して転職

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

子供の大学進学の費用を賄うにあたって、もしあなたが看護師の資格を持っているのであれば、復職を検討してみましょう。あるいは今現在看護師として活躍しているのであれば、さらに給料の条件のいい病院に転職するのも一つの方法です。

看護師ならより高給な職場へ転職して学費を稼ぐ

看護師転職を考えるなら

看護師が転職を考えるならば、看護師求人サイトに登録して、より良い求人を探すことができます。しかし、最近ではインターネット上に看護師求人サイトがたくさんあり、なかにはいいかげんなところもあるのが事実です。にも拘らず、求人サイトによって、良い病院に転職できるかが決まってしまいます。なるべく評判のいいサイトを選んで登録したいものですね。ここでは、そんな星の数ほどある転職サイトのなかで、しっかりとした実績のある看護師専門の転職サイト「看護のお仕事」についてご紹介いたします。

「看護のお仕事」の特徴とは?

全国に13万件以上の求人を保有しており、担当コンサルタントの質が良く、人間関係や雰囲気、離職率などに詳しいと言われています。なので転職した看護師からのサービス満足度No.1を獲得、コンサルタントの対応満足度No.1、また、友達に進めたいランキングNo.1も獲得しています。
北海道から沖縄まで網羅しているので、多くの求人から自分にあった求人を見つけることが可能です。また、検索エンジンが充実していますので、多くの求人の中からでも検索で絞り込みやすくなっています。その上、専門のキャリアコンサルタントにマンツーマンで、丁寧にサポートしてもらえます。気になることは、なんでも相談してみましょう。

「看護のお仕事」の支援金とは?

「看護のお仕事」で転職した場合のうれしい特典の一つが、就職支援金が出るところです。支給条件としては、「看護のお仕事で転職成功時に貰える」「入職1日目から1ヶ月に貰える」「コンサルタントに連絡する必要がある」「入職後から数えて1年間は有効」となっています。コンサルタントに連絡を入れるのは、まあ当たり前ですが、他は全て利用者にとってのメリットしかないと言えるでしょう。
次に支給額ですが、管理職(看護部長、師長、施設管理者)の転職で12万円、常勤(夜勤あり)の転職で5万円、常勤(日勤のみ)の転職で3万円、非常勤(パート等)の転職1万円となっています。パート勤務でももらえるなんて!これを利用しない理由なんて見当たりませんね!申請は自己申告なので、申請後、コンサルタントが支給の手配をし、勤務形態に応じた金額を口座に振り込んでくれます。支援金をもらえるのは転職の励みになりますし、目標にもなりますね。
全国対応で、東京や大阪、名古屋などの都市から地方まで情報が多数掲載されているので、いろいろな方の希望に応じてくれると思います。 私は現在大阪に住んでいますので、ここでは大阪の求人情報を例に紹介させていただきます。

大阪の病院情報を確認
大阪に勤務している人はもちろん、日本全国の求人を扱っているので気になる方は是非チェックして下さいね!

「看護のお仕事」の求人の種類

職種としては、正看護師、准看護師の外に、看護資格が必要な保健師や、助産師の求人も探すことができます。施設形態としては、総合病院や大学病院などの大病院や、クリニックなどの個人病院、また、老人ホームなど、福祉関係の仕事などを絞り込むことができます。また、「こだわり条件」など、事細かに絞り込むことができますので、無駄のない求人探しができます。忙しい看護師のことをしっかり考えてくれていますね!

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら