大学進学率が増加している今、卒業までにかかる費用を知ろう

大学進学率と卒業までの費用を調査しました!

カテゴリー一覧

入学から卒業まででかかる費用

大学に進学となると、その費用は高校とは比較にならないくらい多くかかります。大学入学から卒業までにかかる費用を大まかに見ていきましょう。

入学から卒業まででかかる費用

入学時にかかるお金

入学金と授業料を合わせた初年度納付金は、同じ学部系統で比較した場合、国公立大の方が私立大より安いことが多いようです。しかし、国公立大も法人化によって大学や学部・学科ごとに、金額の差が出てきているようです。他に、施設設備費や実習費など、授業料とは別にかかる場合がありますので、子供と一緒によく調べておきましょう。
●初年度納付金のめやす~国公立大、私立大昼間部の平均額~
・国立大(授業料535,800円)(入学料282,000円)
・公立大(授業料537,857円)(入学料397,721円)
・私立大文系(授業料742,478円)(入学料246,749円)(施設設備費160,019円)
・私立大理系(授業料1,043,212円)(入学料265,595円)(施設設備費187,236円)
・私立大医歯系(授業料2,764,631円)(入学料1,036,391円)(施設設備費863,538円)
※上記はあくまでも目安としてください。

大学在学中にかかるお金

在学中の授業料は、年度ごとに前期と後期に分けて支払うのが一般的となります。それ以外に、施設設備費や実習費などが必要になることも多いようです。目安になる金額をご紹介しますが、実際には大学や学部系統ごとに大きく異なりますので、注意して下さい。しかし、希望の進路に応じて、だいたいの必要額が分かっていれば、進学後の参考となります。
●在学中にかかる授業料・施設設備費納付額のめやす
・国立大(授業料535,800円)×4年分
・公立大(授業料537,857円)×4年分
・私立大文系(授業料742,478円)(施設設備費160,019円)×4年分
・私立大理系(授業料1,043,212円)(施設設備費187,236円)×4年分
・私立大医歯系(授業料2,764,631円)(施設設備費863,538円)×6年分
※上記はあくまでも目安としてください。

入学金や授業料以外に必要なお金

うっかり準備を忘れてしまいがちなのが、「教科書代」や「ゼミ研修費」などです。これらが、大学在学中に必要となりますので、準備を忘れずにしておきましょう。そして、大学在学中の生活費もかなりの費用になります。自宅から通学するにせよ、一人暮らしを始めるにせよ、日々の生活費は必要となってきます。とくにアパートなどに住む場合は、水道光熱費や家賃など、毎月まとまったお金が必要になります。また、自宅から通学する場合も、遠距離の場合は、交通費が意外とかかることもあります。
●生活費のめやす
・自宅の場合(約36,000円)
・学生寮の場合(約69,000円)
・下宿の場合(約91,000円)
これは毎月必要となる大きな支出です。忘れずに準備しておきましょう。

人気コラム pick up

専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ
専業主婦なら高時給派遣で学費を稼ぐ

子供が大学に進学すると卒業までに多額な費用が必要になります。その費用を教育ローンや奨学金でまかなっていくのですが、それでも足りない場合や、借入金を少しでも少なくしたいと考えるならば、専業主婦であっても仕事をして稼ぐことができます。フルタイムの勤務が無理でも派遣会社に登録することで、自分に合った時間に高い時給の仕事に就くことが可能です。続きはこちら

大卒女性の就職率が低い理由
大卒女性の就職率が低い理由

日本では、大卒の男性の92%が就業していますが、同等の教育を修了した女性の就業は69%と低く、OECD平均の80%を大きく下回っています。その理由はいろいろ考えられますが、日本の社会が男性中心社会から抜け出せていないことや、女性の大学進学の目的が将来の就職よりも、大学生活を楽しんで、将来の伴侶を見つけるという姿勢にもありそうです。続きはこちら

奨学金で大学に通う際の注意点
奨学金で大学に通う際の注意点

大学に進学するにはそれなりの費用がかかります。それを教育ローンや奨学金で補填していく人も非常に多いのですが、返済義務のない種類の奨学金以外はすべて将来返済していかなければいけません。特に奨学金は学生本人の将来の債務になりますので、よく考えてから利用するようにしましょう。続きはこちら